ニオイで迷惑?スメハラって言わせないビジネスマナー

ニオイで迷惑?スメハラって言わせないビジネスマナー

気温が上がってくると気になる汗のニオイ

ついつい香水に頼ってしまいがちですが、職場での香水は控えめにしないとスメハラ(スメルハラスメント=ニオイによる不快さの強要)とウワサされかねません。

香水のつけすぎには注意したいですね。

SponsorAd

ニオイで迷惑?スメハラって言わせないビジネスマナー

女性同士でも「香水の匂いがきつい」人には困りますよね。

特に、休憩のたびに化粧室で香水をつけたす人がいますが、トップノートが強すぎて自分にもついているような気がします。

体臭の強い人はついつい香水に頼りがちですが、ニオイが混ざり合ってより一層まわりへ迷惑をかけてしまいます。香水をつけるのは自宅を出るときと、退勤時の2回までにしましょう。

ワキガが気になる人は、朝シャワーをお勧めします。42℃くらいの熱めのお湯で30秒程度、脇にあてるとニオイが消えるそうです(テレビの受け売りです)。あとは制汗剤で。もしノースリーブなら、消毒用アルコールスプレーをティッシュにとって軽く拭くのも有効ですが、肌荒れには注意して下さい。

いい香りなら男女ともに好印象

清潔感のある同僚が、さわやかな香りがすると悪い気はしませんよね。男性も同じく、女性がやさしく清潔感ある香りがしていると素敵だなと感じます。

職場で香りをアピールしたいなら、洗濯柔軟剤にこだわりましょう。一般的に売られている柔軟剤で満足できないなら、海外製のものにすれば強い香りのものが選べます。

せっかくなら、好感度の上がる柔軟剤を活用しましょう。香水よりも安上がりで、職場にも迷惑をかけません。同性からも愛される社員になれます。

その他のスメハラといえば…

困るのは次のようなニオイです。

  • カップラーメン
  • ハンバーガー
  • お香の残り香
  • 除光液などのシンナー
  • タバコ

食べ物のニオイは、当然のビジネスマナー。自席で食べるとフロア中にニオイが広がるばかりか、忙しくて昼食にありつけない人には相当な辛さです。ニオイのする昼食はフロア以外の場所で食べるか、そもそもニオイが強くないメニューを選ぶべきですね。

お香の残り香は、アジアンな生活をしている人にありがちなニオイの問題。ややスパイシーな香りが服やカバンに染み付いていて、知らず知らずのうちに職場で迷惑になっています。お香を炊く部屋と、仕事で使うカバンやスーツは別の部屋にする必要があります。

除光液などのシンナーは、単純にアウトです。そもそも自席で除光液を使う人はいないと思いますが、電車の中で使っている人を見たことがあります。

タバコのニオイは、どうしても呼気に残ります

1本吸うと、約20分は肺にタバコの煙が混ざった空気が残ってしまうそうです。喫煙後は口をすすいだり、うがいをするだけではニオイが消えません。鼻から息を吸い込んで、肺の中の空気をすべて吐き出すような深呼吸を3回程度しましょう。

ニオイのする人の対処法

自分が発するニオイは調整可能ですが、上司や先輩の汗臭さや香水のニオイは指摘しづらいですよね。とはいえ、毎日のことだけに耐え続けるのもツライのが現実。

そんなときは、上司や先輩との距離が近いときにさりげなく距離をとりましょう。もしも冗談が通じる間柄なら「近すぎますよー」と一言添えられるといいですね。

ただ、冗談でも「ニオイが強いですよー」なんて言わないように。好きな部下や後輩から言われると、普通の人なら傷つきますので!

Kei
Kei

今回のビジネスマナーコラムはここまで、またお会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました