面接試験のみだしなみ

秘書検定の面接試験に合う身だしなみとは?

さて、あなたは秘書検定準1級面接試験の試験官だとしましょう。

上の写真のような受検生が来たらどんな印象を受けますか?

「髪の毛ぼさぼさ、おじぎをしたら顔が隠れて、髪をかきあげるだろうな」

ラフなスーツだな、胸元もだらしなく見える」

ハデ目なメイク、試験の後はコンパに行くの?」

「試験会場まで来てスマホで誰と何お話?」

とてもビジネスシーンに似つかわしくない印象ですよね。あなたはきっと合格させる勇気が出ないでしょう。

さて、ではどのような身だしなみが秘書検定の面接試験に適しているのでしょうか?

面接官も基本は一個人です。細かな採点基準はあっても、三人の面接官の感じる印象はさまざまでしょう。

しかし、わたしたちは合格を手にしたい!

今までの講義経験をもとに、「受かるみだしなみ(落ちないみだしなみ)」の傾向について解説していきます。

メイクや服装、髪型などポイントとなるところはぜひ押さえておいてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました