当サイトには広告やプロモーションが含まれています。

【講師が教える】秘書検定準1級のおすすめ独学参考書

【講師が教える】秘書検定準1級の独学参考書おすすめ

こんにちは、秘書検定準1級面接対策、就職面接対策講師のKeiです。

秘書検定準1級を受検したいけれど、スクールが近くにない。そんなときは独学するしかありません。
わたしも受検したときは市販の参考書で合格しました。

kei
kei

秘書検定講師として自信を持っておすすめする参考書と問題集をご紹介します。

この記事を書いた人
kei
kei

大学の就職活動支援講座(エクステンションセンター)などで秘書検定準1級面接試験対策講座講師、就職試験対策講座、SPI講座、大学の必修科目非常勤講師などの経験があります。秘書検定では、有名資格スクールのテキスト執筆経験あり。秘書検定はビジネスの基本を学べる非常に良い検定試験です。わたしの持つノウハウが受検者の一助となればと思い、サイトを開設しています。
《保有資格》秘書検定、簿記検定、宅建士、証券外務員、FP、情報処理、大型自動二輪、小型船舶などなど…

keiをフォローする

PR

【講師が教える】秘書検定準1級の独学参考書おすすめ

秘書検定準1級実問題集 2024年度版/実務技能検定協会

公式に過去問題集として市販されている唯一の本です。すでに自信のある方は、この実問題集のみ繰り返し解いておけば合格できます。また、秘書検定準1級からは「筆記試験」合格後に「面接試験」がありますが、実問題集には面接試験の過去問題も掲載されています。秘書検定に合格したいなら、必須の問題集です。

秘書検定集中講義準1級

時間のない独学者におすすめなのが集中講義です。毎日の通勤・通学時間だけでも読み込んでいけば全試験範囲の80%程度が学習できます。インプット(参考書を読む時間)を節約できるので、アウトプット(問題を繰り返し解く時間)に重点を置いて下さい。社会人向けの教材としてオススメです。

秘書検定クイックマスター準1級

過去問をアレンジした問題とポイントのまとめが載っているハイブリッドな参考書です。これも社会人向けにオススメ、人気のある参考書です。ただ、インプット部分はシンプルになっているため、大学生には少し不足します。大学生はパーフェクトマスターがオススメです。

秘書検定準1級パーフェクトマスター

就活を控えた大学生・専門学校生にオススメの参考書です。パーフェクトとか開かれている通り、十分な内容になっていることから、全てを読みこなすのは時間がかかります。始めは流し読みや、マーカーを引くだけの軽い読み方をして、実問題集を解きます。わからないところをパーフェクトマスターで確認する、といった使い方が効率的です。

秘書検定新クリアテスト1級・準1級

試験直前の仕上げに使います。模擬試験だけでなく、暗記ポイントや面接試験の問題まで書かれている問題集です。実問題集を解いてしまって、もうすることがないという人はぜひ解いておきましょう。
ただし、実問題集(過去問題集)が終わっていない人は手を出さず、実問題集を優先して下さい。

なぜ実務技能検定協会の本が秘書検定のおすすめ参考書になるのか

最近、秘書検定のテキストが豊富になってきました。

カラフルなものから出題順に並んでいるもの、ダブル受検を前提としたものなどさまざま。

そのなかでも秘書検定のオススメ参考書はダンゼン「実務技能検定協会」が出版している本です。

秘書検定の本試験問題を解いたことがありますか?

kei
kei

実は悩ましい問題がけっこう出題されるのです。

特に選択問題では、2つまでは絞れるけれど1つに絞れない、解答をみてもよくわからないといった問題がいくつか出てきます。こういう問題は、普通のテキストだけでは準備不足になります。

私の秘書検定講座でも(たまに)指定したテキスト以外のもので学習する人がいますが、あまり合格率はよくありません。読みやすい工夫が散りばめられていて良書ではあります。でも、あまりオススメではありません。

理由は、理論的に正しいことが書いてあるだけで、本試験の「クセ」までは学習できないからです。

実務技能検定協会(つまり試験団体)が作成している参考書で学習するほうが、本試験問題に慣れやすいのです。出版は早稲田教育出版という会社ですが、実質は秘書検定の公式テキストなのです。

過去問題集である実問題集を唯一出版していることからも分かる通り、テキストも過去問題を分析して作成されています。公式テキストで学ぶほうが無駄がないのです。

kei
kei

できれば、今回お勧めしたテキストで学習して下さい。もしもテキストだけ別のものを買ってしまったとしても、絶対に実問題集だけはやっておきましょう!

【講師が教える】秘書検定準1級の面接試験専用独学教材

面接試験では、声色(こわいろ)、お辞儀や歩くスピード、ジェスチャーを動画で見るのが最適です。

実問題集の中にも面接試験の注意点やアドバイス、過去の面接試験問題などが豊富に掲載されていますが、ぜひDVD教材を活用してください。

DVD教材でおすすめしているのは、実務教育出版の秘書検定準1級面接合格マニュアルです。とにかく公式なので内容の信頼性はピカイチですし、なにより安い!

いきなり秘書検定準1級に合格したい人は、ユーキャンのDVDつき秘書検定準1級通信講座がおすすめです。

《公式サイト》
ユーキャンの秘書検定講座

テキスト、問題集、添削問題に加えて、オリジナルの面接対策DVDがついています。わたしも手に入れて視聴しましたが、かなりしっかり作ってありました。

まとめ〜秘書検定試験は公式テキストがおすすめです

人気資格である簿記検定や宅建士などの公式(準公式)テキストは、字が小さく正直に言うと試験対策には不向きです。

どんな資格でも、無駄のないインプットのあとに、過去問題で頻出分野を理解した上で、自分なりの試験時間配分を決めておくことがベストです。

読みやすいからといって、試験範囲が網羅されていない教材や、あまりにも広範囲な学習項目が掲載されている教材は避けたいところ。

効率よく学習するためには良い教材の反復練習がおすすめです。秘書検定試験に関しては、実務教育出版の公式テキストが高効率です。

kei
kei

教材に迷ったら、秘書検定に限っては公式シリーズにしておいてください!

タイトルとURLをコピーしました