秘書検定の面接試験を知る

 秘書検定の面接試験を突破するには、「どんな面接試験なのかを知っている」ことが合否を分けます。

 いわゆる就職面接試験のような「あなたの個性を短時間でアピールする」ことは一切不要です。

 反面、試験の形式に従い、ポイントを押さえ「確実に平均以上の演技」ができることが合格をつかむのです!

 「演技」というのは、「デキる秘書を演じる」ことを指します。

 秘書検定準1級の面接試験は、完全にパターン化されている流れを、スムーズに消化する形式となっており、誰でもトレーニングすることで合格することができます。

 実際、大学の講義で、敬語も怪しかった学生がたった2回の面接トレーニングで見事合格しました!といいますか、半数以上の学生がそうでしたが、面接試験の間だけは見事に「デキる秘書を演じきった」からこそ合格できたのです。

 ぜひあなたも、試験の流れと押さえるべきポイントを理解し、ほんの数分間の面接時間を演じきって下さい!

タイトルとURLをコピーしました