秘書検定準1級面接「あいさつ」

秘書検定準1級面接「あいさつ」

秘書検定準1級の面接会場の見取り図を再確認しましょう。
受検者は3人1組ずつ面接室へ案内されます。
面接官は「あいさつ」「報告」「状況対応」の3課題ごとに着席されています。

秘書検定準1級面接会場見取り図

では、第1の課題である「あいさつ」のポイント解説をしましょう。

秘書検定準1級面接試験の第1の課題「あいさつ」

すでに入室、着席済みであることとして解説します。
イスの座り方、立ち方は別ページにて解説していますので参考にしてください。

面接番号を呼ばれる

秘書検定準1級面接

面接番号を呼ばれたら、座ったまま

「はい!」

と通る声で返答しします。

返答してから椅子から立ち上がり、いったんその場で直立姿勢をします。

次に、「あいさつ」と書かれた席に座っている面接官の前まで、さっそうと、迷いなくまっすぐに歩きます。

面接官との距離

立ち位置は、面接官の正面で、面接官との距離は約2歩(1.5mから2m程度)です。
細かく指定するには理由があります。

  1. 近すぎると、圧迫感があるだけでなく、座っている面接官を見下ろしてしまう
  2. 遠すぎると、堂々とした雰囲気がなく、声や笑顔の印象が薄くなる

ちょうどいい距離が「約2歩」です。

あいさつ

秘書検定準1級の面接試験で言う「あいさつ」は、実質的には次の台本どおりに言うことを示します。

「失礼いたします。受検番号○番、○○ ○○と申します。どうぞよろしくお願いいたします。」

このセリフに、「動作」が加わります。
具体的には次のとおりです。

  • 面接官の前に立ったら、まず直立姿勢
  • 「失礼いたします」と言ったあと、普通礼
  • 直立姿勢に戻し、指を伸ばした手を、前で組みます
  • 面接官の「鼻」辺りを笑顔で見ます
  • 「受検番号○番、○○ ○○と申します。どうぞよろしくお願いいたします。」と笑顔で言います
  • 言い終わったら、普通礼をします
  • 最後に面接官の鼻を見ます

おじぎについては別ページで詳細に解説しましたので、ぜひ確認してください。

審査ポイント

審査ポイントとしては受検要項や公式ホームページでも明記されているように、

  1. 態度
  2. 振る舞い
  3. 話し方の調子
  4. 言葉遣い
  5. 物腰
  6. しぐさ
  7. 身なりなど

とされており、注記として次の文章が付け加えられています。

※審査の対象となるのは,「報告」「応対」の二つの課題についてだけでなく,
面接室での態度・振る舞いなども含まれる。

つまり、「あいさつ」をしている姿を採点しているのは「あいさつの面接官」だけでなく、すべての面接官であるということです。

秘書検定準1級面接試験対策DVD(実務技能検定協会)教材の中でも、すべての面接官が同じ採点シートを持っているところが見られると思います。

歩く姿も審査基準ですから、歩くスピードなどもDVDなどで学習されると良いです。

注意点

本番でありがちなミスを列挙します。

  • 「えー」と言ってしまう
  • 視線がうろうろしている
  • まっすぐ歩けない
  • 手を後ろで組んでしまう
  • 礼をしたあとに床を見つめている

強く意識しないと、ついつい出てしまいますので、今回を良い機会としてトレーニングしておきましょう!

合格マニュアル
秘書検定準1級面接「あいさつ」
秘書検定準1級面接「報告」
秘書検定準1級面接「状況対応」

タイトルとURLをコピーしました