秘書検定準1級 面接試験練習問題 状況対応編

状況対応の練習問題

秘書検定準1級の面接試験ラストにある「状況対応」は、面接官から示された出題を実際のビジネスシーンに見たてて行うものです。

とにかく練習しておかなければ、頭が真っ白になってしまうことは確実です。
そうならないためにも、少しだけでも練習しておくことをお勧めします。

練習には問題が必要ですが、「実問題集」に掲載されている過去問題が最適です。

しかし、掲載されているのはほんの少しですので、わたしがオリジナルで作った問題を掲載しておきます。

是非活用してください!

PR

状況対応オリジナル問題

著作権は当サイトにあり、再配布や無断転載を禁じます。

しかし、友人同士で練習するために共有することは大歓迎です。ぜひ仲間と共に練習してください!

※パソコンでダウンロードして使用してください

状況対応1

状況対応1解答例

状況対応2

状況対応2解答例

状況対応3

状況対応3解答例

少しずつ追加してゆきますので、たまに見にきてみてください。

PR

フリップを伏せられた後、内容を忘れたら?

面接官が「こちらをどうぞ」と言ってフリップにある問題を受験生に見せます。

15秒ほどでしょうか、読みながら頭の中で丁寧な表現に変えて、ジェスチャーを考えます。

考えている途中で・・・

「あれ、木村課長だっけ、佐藤課長だっけ??」

「あ、待ってもらうんだっけ、あしたきて欲しいって言うんだっけ??」

「もうだめだ、思い出せない、真っ白になってゆく!」

なんてことに・・・なったらどうしますか?

 

簡単です。

「申し訳ございません、もう一度見せていただけますでしょうか?」

と、面接官にお願いしてしまえば良いのです!

 

「そんな、ぜったい不合格になるよ!」

と思いますか?

いいえ、1度くらいなら全く問題ありません。

何人もわたしの生徒で、見直しをお願いして合格している人がいます。

といいますが、実はわたし自身がそうして一発合格しています。

 

見直しで不合格にはなりません、しどろもどろの方が不合格になります!

真っ白になったら、それ以上真っ白にななりません。

もう一度、初めて読むつもりで見せてもらえるようお願いしましょう!

 

頑張るあなたを、面接官だって応援しています!

PR
タイトルとURLをコピーしました