秘書検定面接試験での服装

秘書検定,面接,服装

秘書検定準1級で合格するコーデは?

秘書検定準1級の過去問題集(実問題集)などでも明記されている通り、服装のポイントは華美でないことです。

言い換えると質素なくらいがちょうどいいレベル。これは服装だけでなく、アクセサリーや髪型にも共通する考え方となっています。

とはいえ、いったいどれくらいが「華美でない」のかは人それぞれ。ここでは具体的に合格者のコーデについて紹介しますね。

大学生以上はリクルートスーツがベスト!

高校生ならば制服でOKで、実際制服で合格できます。

悩ましいのは、大学生と社会人の受験生ですが、ズバリリクルートスーツ」が正攻法です!

 ↑ こんなイメージです。スカート丈もベスト位置。
  ブラウスもいい感じに堅苦しすぎない感じです。

色:ダークグレーや紺など、落ち着いた色。わたしの生徒では、ベージュ色で合格した人は1人だけでした。できるだけ濃いめの色が無難です。

上半身:上着のボタンは一列のもの(シングル)。二列のもの(ダブル)は、基本的に上司が着るもので、秘書には適していません。

また、ジャケットの下は、エリのついたシャツやブラウスを着用してください。
真夏の面接試験では丸首のシャツやキャミソールっぽいものを選びたくなりますが、やや肌の露出が多くなるため避けるべきです。
女性ばかりの秘書検定面接会場では誰も気にしませんが、胸元が見えてしまうような服装はビジネスシーンにそぐわないためです。

下半身:基本的にはタイトスカートで、ひざが見えないくらいの長さとします。直立でひざが見える長さは、イスに座るとセクシーさが出てしまいます。長すぎると暗いイメージになるので、ちょうどひざが隠れるかどうか程度にしておきましょう。

なお、アトピーなどのためにどうしても足を見せたくない方は、パンツスーツスタイルでも構いません。ただ、カジュアルなイメージがあるので、おじぎなどできちんとしたイメージを出せるように、少し頑張る必要があります(もちろん、私の受講者でパンツで合格した方も多数います)。

ちなみに、たまにフレアスカートをはいてくる生徒さんがいますが、これはおしゃれとみなされますので私の講座ではタブーとしています。

ストッキングはどうする?

ずばり、ストッキングは薄めの肌色の一択です。黒や白はビジネスシーンでは歓迎されません。

また、ストッキングの伝線トラブルはよくあることですので、カバンには必ず予備のストッキングを入れていきましょう。

試験会場には早めに到着し、伝線がないか、髪型が崩れていないかなどのチェックをして、ストッキングを履き替えられるくらいにしておきましょう。

ビジネスカバンがリュック?

案外増えてきているのがリュック。特に自転車通学をしている学生さんがリュックで試験を受けようとしていたります。

もちろん、リュックはビジネスシーンに似合いません。なにより、せっかくきちんとしたスーツを着ているのにジャケットの肩やサイドにシワが寄ってしまってみすぼらしくなります。

定番の肩からかけられる黒のトートバッグがおすすめです。ちなみに、カバンは面接試験会場内にも持ち込む必要がありますので、かわいいアクセサリーが付いたものや、ぼろぼろに使い込んだものなどは避けましょう。

できれば、面接試験のためだけに用意するのではなく、就職・転職試験でも使えるように、タフで使い勝手の良い、少しいいものを持って行ってください(ブランド物はおすすめしません)。

 ↑ これは1,000円代で買えるもの、必要十分です。
  とにかく「色やデザインが無難なもの」がおすすめです。

靴は、足が長く見えるようにピンヒール?

ピンヒールは絶対にやめておきましょう!

理由は二つあります。

まずは、冒頭に説明した「華美でない」と言えないからです。しかも、わざわざ歩きづらいピンピールを選択するメリットがありません。

次に、おじぎのページで解説していますが、つま先で全体重を支えるに当たって、ヒールが高いほどつらくなるからです!

バランスを崩して、おじぎの途中でどちらかの前足が出たら負けです!

ベストな選択はヒール5センチ程度のパンプスです!

↑ これくらいがベストです。背の高い方は3cm程度でも可です。

購入したら、かならず何度か履いて慣れておきましょう。皮が固いとくつずれをおこすことと、緊張しないようにカツカツという音にも慣れておくためです。絶対に当日初めて履く、なんてことのないように事前に履きなれておきましょう!

秘書検定準1級の服装選びのポイントまとめ

秘書検定準1級面接試験会場は、ほとんど女性です。きらびやかなコーデや高価なものは全く不要です。ポイントは次の2点です。

合格者としてよいかどうかという面接官の視点を理解する

面接試験で面接官が見ているのは「ビジネスシーンに合うコーデを選択できているかどうか」です。

たとえば、部下として連れて企業に訪問できるコーデか、もしくはクレーム対応をするときでも違和感ないか」といった視点です。

あなたが面接官を任されたとしたら、どんなふうに考えますか?

美しいかどうかではなく、合格者として社会に送りだしても問題ないかがポイントになりそうではないでしょうか?

「動く試験」で不利にならないかどうか

秘書検定準1級試験に限らず、「面接」は「動く試験」です。

おじぎがしづらかったり、腕が動かしづらかったり、着席しづらかったり靴ずれが痛かったりしないように、ある程度余裕のあるもので、かつ少し着慣れておく必要があります。

別ページでもお話していますが、面接試験のトレーニングはできるだけ本試験と同じ服装でしましょう!

合格を祈ります!

タイトルとURLをコピーしました