秘書検定面接試験に必須のおじぎは4種類《図解》

Kei
Kei

このおじぎどうすれば良くなりますか

クビが曲がりすぎているところですか?

正解です。こうやって、他の人のおじぎを見るとすぐに分かりますが、自分もできていないことはほとんどの人が気づいていません。わたしは講義の初めに必ずペアを作って、受講生同士がお互いに注意しあってもらい気づいてもらえるようにしています。

今日は、面接試験で必須の「おじぎ」をマスターするためのポイントを解説します。

SponsorAd

秘書検定面接試験のおじぎ4種類

秘書検定面接試験対策としてトレーニングすべき「おじぎ」は次の4種類です。

  1. 会釈(えしゃく)
  2. 普通礼
  3. 敬礼
  4. 最敬礼

※ 前傾姿勢は会釈と同じ角度で、上体を戻さず前に傾けたまま止めた状態のことです。

この4種類のおじぎさえトレーニングしておけば、秘書としてはもちろんのこと、ビジネスシーンでも十分通用します。

また、おじぎが得意になると、自信が持てることから緊張しづらくなりますので完璧にマスターしましょう!

さて、おじぎは気持ちを伝えるジェスチャーのひとつですが、4種類もあるのはなぜでしょうか?

それは、気持ちを相手に伝える「気持ちの大きさ」や「思いの強さ」を表すためです。

ビジネスシーンでの「思い」はおよそ「ありがとう」「申し訳ございません」がほとんどです。

さぁ、具体的におじぎのポイントを解説していきましょう!

会釈(えしゃく)〜いちばん軽いおじぎ

会釈(えしゃく)おじぎ図解 会釈(えしゃく)

会釈(えしゃく)は、軽いあいさつの時に使うおじぎです。

秘書検定の面接試験ではあまり使いませんが、状況対応で使う場合があります。

ポイントは、直立姿勢から腰から上半身だけを、背筋は伸ばしたまま5度曲げることです。

首や背中が曲がってしまわないように、自分の腰から頭のてっぺんまで、鉄の棒が体の中を通っている(串刺しになっている)と想像しましょう。

そのまま静かに前に上体だけを傾けるのです!

ビジネスシーンでは、廊下などですれ違った来客や他部署の上司などに対して、わざわざ声を出さずに、あいさつする(黙礼)ときに使います。

普通礼〜頻繁に使うスタンダードなおじぎ

普通礼

秘書検定面接試験では、面接会場への入退室、面接官の前に立つとき、離れるときなど、一番多く使うおじぎです。完璧にマスターしておきましょう!

ポイントは、会釈と同じように腰だけ曲げることです。

頭が少し低くなるので、ついつい首を曲げてしまいがちですが、後頭部から腰にかけては直立姿勢の時の壁がくっついたままのイメージで、前に上半身を倒します。

腰の高さで壁が折れて、倒れてきているのを後頭部と背中で支えているような感じです(ありえませんが)!

 

つぎに、重要なおじぎのスピードについて解説します。

上半身を倒すときは、一気に15度まで倒して、ピタリと止めます

その後、心の中で「いち、に、さん」と数えながら上半身をゆっくり起こし、直立姿勢へ戻します。

Kei
Kei

つまり、すっとおじぎして、じわじわと戻る
これが美しく見せるコツなのです。

すっと倒して、さっと戻すとなんだかあっさりしすぎて味気ないおじぎになります。

反面、じわじわ倒して、じわじわ戻せば、やわらかい印象はありますが、超多忙な上司にとっては「おじぎはいいから用件を言ってくれないか」と、もやもやさせることになるでしょう。

すっと倒して、じわじわ戻す、ぜひマスターしてください!

 

ちなみに、おじぎはセリフを言った後、面接官と目を合わせてからします(先言後礼といいます)。
また、おじぎの後も目を合わせます

詳しくは別のページで解説します。

敬礼は「ありがとうございます」「もうしわけございません」の後にするおじぎです。

最敬礼

おじぎ図解 敬礼

秘書検定の面接試験では、状況対応の時に多用するおじぎです。

ポイントは、普通礼よりも角度がついているため、腰だけを曲げると体重がかなり前に移動することです。

このとき、あなたはバランスを崩さないようにどうしますか?
背中と足を曲げてしまえばバランスを崩しませんよね?

しかし今は面接試験中です、美しい敬礼が求められています!

どうするか??

つま先にありったけの力を込めて、前のめりになる体重を支えるのです!このためにも(https://pricra.net/222-2/211-2/を参照ください)高いヒールは不利です。

美しい敬礼をするためには、せいぜい5センチ程度のパンプスが有利なのです。また、背筋や首が曲がらないよう背筋にも力と意識を注ぎます。

どうですか?
できます、できるはずです、わたしの講座に参加してくれた生徒は、茶髪だった猫背の方も、ほんの数日の練習で美しい敬礼をマスターしていました!できなかった人は誰もいません、あなたも必ずできます!

最敬礼〜難易度高の一番深いおじぎ

一番深いおじぎです。「本当に申し訳ございません」「本当にありがとうございます」の意味を表します。

例えば、約束の時間通りに来た来客に、急なトラブルで上司が出張してしまい、本当に謝るしかない状況のときなどです。

または、上司が訪問した他社に傘を忘れていたため、わざわざ届けに来ていただいた場合の「誠にありがとうございます」と言った場合にも使います。

秘書検定面接試験では状況対応で使うことがあります。

 

さて、ポイントは敬礼より深くおじぎをするために、敬礼以上に体重が前にかかることです。

トレーニングするしかないのですが、ついやりがちなのが「首を曲げてしまうこと」です。

思いっきり謝りたい(お礼を言いたい)がために、つい頭を下げてしまうのです。

頭の高さを下げることが目的ですが、曲げるのは首ではなく「腰」の一点だけです!

ちなみに、手は体の前で指先を伸ばして(そらす必要はありません)、左手を上に(右手を隠すように)かさねることです。

右手は武器を持つ手の意味があるので、左手て隠すことで相手に危害を与えませんという意味を表すためです。

さぁ、トレーニングしてみましょう!

Kei
Kei

鏡や、夜の窓ガラスに、あなたの綺麗なおじぎが映るのは、もうすぐそこです!

 

タイトルとURLをコピーしました