おつかれさまです〜退社時のあいさつ間違い

おつかれさまです〜退社時のあいさつ間違い

こんにちは、秘書検定準1級面接対策、就職面接対策講師のKeiです。

夕方の終業時刻になると、仕事の終わった人から順番に退社していきます。

お疲れ様でーす

といって帰っていく人、いませんか?

Kei
Kei

まちがいですよね、正しくは「お先に失礼します」です。

SponsorAd

おつかれさまです〜退社時のあいさつ間違い

SponsorAd
Kei
Kei

「お疲れさまです」は、まだ仕事中の人が、先に帰る人に向けて言うセリフです。 

  • 帰る人「お先に失礼します」
  • 見送る人「お疲れさまです」

もしも帰る人が「お疲れさまです」と言うと…

  • 帰る人「お疲れさまです」
  • 見送る人「お疲れさまです」

なんかの合言葉みたいにおかしな会話になってしまいますよね。

しかも「お疲れ様」は、「仕事大変でしたね」という意味です。
自分で言っちゃいけません。他人に向けて言うものです。

ご苦労さまです〜まちがいあいさつ

ご苦労さまです」を上司や先輩に向かって言う人がいます。

秘書検定受験者なら間違えないと思いますが、「ご苦労さまです」は、部下や後輩に向かって言う言葉です。間違っても目上の人や取引先に言ってはいけません。

Kei
Kei

正しくは「お疲れさまです」です。

取引先でも「ご苦労さまです」が通用するのは、自分の会社が仕入れてあげているといった、確実な上下関係がある場合や、郵便や宅配便の配達員さんに向けたときに限ります。

あなたの正確なビジネスマナー知識が、会社の品位を高め、あなた自身の品格も上げてくれます。

知らないと損する、知っていると得するのがビジネスマナー。

Kei
Kei

どんどん身につけて、素敵なビジネスパーソンに磨きをかけてください。

タイトルとURLをコピーしました